雑然とした部屋が気になった3日目のレッグマジック21日間チャレンジ

チューブサイドレイズ

3日目となったレッグマジック21日間チャレンジ。

今日も1日3回のルーティン行動をクリアしました。
1回60秒なので、1日合計でもわずか3分という時短運動がレッグマジックの魅力です。

雑然とした部屋が気になって改善策を考えました

1日に3回、レッグマジックの置いてある2階の広い部屋にいくと、この部屋をなんとかしないとという気持ちになります。
今日はさっそく、猫砂を整理してダンボール箱1つを片付けました。

しかし、あてもなく1つ1つ対応していると、なかなか改善することは難しいです。

そこで、今日はこの2階の部屋の状態について、アンビシャス・ターゲットツリーという考えるツールを使って理想の部屋についての対応を考えてみました。

アンビシャス・ターゲットツリーで考える理想の部屋

雑然とした部屋をどうしようか悩んでいる方や、仕事や副業について課題解決に悩んでいる方は参考にしてください。

まとめ

初日から、体重は順調に減少しているように見えますが、まだ誤差範疇のような気がしています。
目標までは、あと2.1kgですが、週末はついつい食べすぎてしまう傾向があるので油断しないように気をつけます。

体重:75.1kg
体脂肪率:18.5%

日々の記録はこちらです。

レッグマジック21日間チャレンジの記録と体重推移

チューブサイドレイズ

ABOUTこの記事をかいた人

奥成 大輔

1968年神奈川県生まれ、栃木県那須烏山市在住 1992年、大学卒業後(株)本田技術研究所に入社。 2002年に豊かな自然と環境の良さにひかれ那須烏山市に移住する。 2008年、ライフスタイルを見直すことがきっかけで退社し独立。 2010年1月より「個人の働き方の常識を変え、ライフスタイルを革新する」をテーマにもしも大学公認講師としてドロップシッピング教育活動を開始。 講座を通じて、初売上達成者の方から月商100万円を超えるショップオーナー様まで多数輩出。 もしもドロップシッピング10周年記念イベントでは公認講師部門で表彰。 どろっぷしっぴんぐ研究所代表。