WordPressのiPhoneアプリからの投稿を試しながらレビューする

こんにちは、奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

今日はセミナーを主催しており、湘南新宿ラインで新宿に向かっています。

普段はパソコンを開いてキーボードを使ってこのブログを更新しています。

もちろん電車の中でもパソコン作業は問題なくできるのですが、この記事はiPhoneアプリで投稿してみたいと思います。

WordPressのiPhoneアプリを使ってみる

WordPressのiPhoneアプリを使うには、WordPressの無料サービス、WordPress.comのアカウントが必要です。

ログインすると、WordPress.comで作成したブログと登録してあるブログが表示されます。

こんな感じです。

img_9389

投稿したいブログをタップするとブログの管理画面に入ります。

WordPressアプリのブログ管理画面

ブログの管理画面ではこのようなメニューが表示されます。

img_9386

普段はパソコンで作業するので、この管理画面ではいつもは統計情報を見る程度です。

img_9387

記事を書くときは、このメニューの中のブログ投稿をタップします。

すると画面には最新の投稿記事が表示されます。

img_9388

新しい記事を書くときは、右上の+をタップします。

新しい記事ページの編集画面が表示されるので、文字を入力していきます。

見出しや画像配置も感覚的に操作できる

見出しもh1タグからh6タグまで、挿入したい行で、編集メニューのHをタップすると選ぶだけです。

img_9390

画像は、編集メニューの左端の丸で囲まれた+マークをタップします。

表示したい画像を選んで挿入するだけです。

img_9391

画像がアップロードされてから画像をタップするとサイズの変更や、代替テキスト、キャプションも入力できます。

こんな操作をしながらこの記事を書いています。

直感的に操作できて使いやすい

WordPressアプリから初めて記事投稿を試してみましたが、直感的に操作できて使いやすいです。

スマホからの入力に慣れている方はパソコンで作業するよりも早く文字を打ち込めるかもしれません。

見出しや画像の挿入、文字修飾、リンクを貼る作業も簡単です。

先日、WordPressの新エディターGutenbergを紹介しましたがよく似た操作感です。

まとめ

実際に投稿する記事を書きながらWordPressのiPhoneアプリをレビューしてみました。

思っていたよりも、簡単に記事投稿の操作が可能で、直感的に操作できることは魅力的です。

私はパソコンの方が慣れていて早く投稿できるので今後も当面はパソコンで作業すると思いますが、スマホだけでブログ投稿の作業が完結できることは大きな魅力です。

ABOUTこの記事をかいた人

奥成 大輔

1968年神奈川県生まれ、栃木県那須烏山市在住 1992年、大学卒業後(株)本田技術研究所に入社。 2002年に豊かな自然と環境の良さにひかれ那須烏山市に移住する。 2008年、ライフスタイルを見直すことがきっかけで退社し独立。 2010年1月より「個人の働き方の常識を変え、ライフスタイルを革新する」をテーマにもしも大学公認講師としてドロップシッピング教育活動を開始。 講座を通じて、初売上達成者の方から月商100万円を超えるショップオーナー様まで多数輩出。 もしもドロップシッピング10周年記念イベントでは公認講師部門で表彰。 どろっぷしっぴんぐ研究所代表。