メンタリスト DaiGoさんのYouTube動画『痩せないし老化する!ランニングの真実』に衝撃を受ける

メンタリストDAIGOさんのYOUTUBE『痩せないし老化する!ランニングの真実』に衝撃を受ける

こんにちは、奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

今日は、メンタリスト DaiGoさんの『痩せないし老化する!ランニングの真実』という動画をYouTubeで観ました。

その中で、長時間の有酸素運動は痩せないし、老化が促進するということが語られていて衝撃を受けたのでシェアします。

長時間の有酸素運動は痩せないし老化が促進するという衝撃

どうりで、思うようにやせないはずです。

メンタリスト DaiGoさんの話によれば、マラソン、ランニングなどの有酸素運動ではカロリー消費が少ないばかりでなく、長時間の有酸素運動では老化が促進され、さらには食欲も増進するので痩せないと…

単純にダイエットには有酸素運動がいいだろうという、安易な考えをしていた私には衝撃でした。

マラソン、ランニングではとの話なのでロードバイクなどの自転車はどうかといえば、ロードバイクなどの自転車漕ぎ運動はマラソンやランニングに比べるとカロリーを消費できるといわれています。

それでも、有酸素運動ではカロリー消費は多くなく、長時間の有酸素運動では老化が促進し、さらには食欲も増進するので痩せないということは、恐らく同じはずです。

にわかロードバイクは痩せない

私も2年前からロードバイクに乗り始めましたが、始めた頃も痩せるどころか体重は増加しました。
もちろん筋肉量がかなり増えているということもありますが、体脂肪率の変化は1%程度の減少程度でした。

今年の春にぎっくり腰になってしばらくロードバイクからは離れていましたが、10月からロードバイクを再開。

これまでの約1ヶ月間、週に2〜3回乗ってきました。
1回のライドは約1時間半くらいの時間で、なるべく有酸素運動の領域で走るように心がけていました。

その結果、体重は74kg台前半だった体重は75kg前後に増えました。
たしかに筋肉量が戻ってきているからということもあります。

しかし、ライドで消費している以上に食欲が出ていて、ついつい食べ過ぎていると感じていたのです。

そう思っていたところに、メンタリスト DaiGoさんの『痩せないし老化する!ランニングの真実』をYouTubeで観たのです。

短時間で高強度の有酸素運動と日常生活の運動量を増やす

では、どうだといいのか?

メンタリスト DaiGoさんのお話では、アンチエイジングには20分から30分程度のウォーキング。
さらには、軽い筋トレやHIIT、タバタ式などの短時間で高強度の有酸素運動には価値があるとのことでした。

短時間で高強度の有酸素運動で心肺機能を鍛えて代謝を高める。
そして、カロリー消費は有酸素運動ではなく、階段の上り下りや立って過ごしたり日常の生活の運動量を増やすことでカロリーを消費するとよいそうです。

ところで、HIITやタバタ式というのははじめて聞きました。
こんな運動のようです。

1日4分 話題の筋トレ「HIIT」で体脂肪が落ちる|ヘルスUP|NIKKEI STYLE
1日たった4分!タバタ式で筋力&代謝をUP!初級編 [運動ダイエット] All About

続きは有料のニコニコ動画で視聴できる

でも、ハードなトレーニングなどは続かないもの、継続するには習慣化が大事というYouTubeの動画での結論でした。

そして、習慣化のテクニックについては、ニコニコ動画の有料配信で紹介しているとのことです。

会費は月々540円。
私の関心が高い情報を紹介してくれているので、1ヶ月でわずか540円というのは破格の値段です。

以前『メンタリストDaiGoさんの片付けの心理学を観て実行したい2つのこと』という記事を書いたときから有料会員になろうと思いつつ先送りしていましたが、ようやく今日、有料会員に申込みました。

痩せないし老化する!ランニングの真実 – YouTube

メンタリスト DaiGoさんのYouTube動画『痩せないし老化する!ランニングの真実』はこちらです。

まとめ

メンタリスト DaiGoさんの『痩せないし老化する!ランニングの真実』というYouTube動画を観て、長時間の有酸素運動は痩せないし、老化が促進するということに衝撃を受けました。

ロードバイクを再開して約1ヶ月が経過しましたが、どうも食欲が増えるばかりで体重も増えているなと感じていたので、非常にタイムリーな内容でした。

HIITやタバタ式についても、ちょっと調べた程度だとおっくうに感じてしまいますが、メンタリスト DaiGoさんの有料のニコニコ動画を観て習慣にできるといいな。

メンタリストDAIGOさんのYOUTUBE『痩せないし老化する!ランニングの真実』に衝撃を受ける

ABOUTこの記事をかいた人

奥成 大輔

1968年神奈川県生まれ、栃木県那須烏山市在住 1992年、大学卒業後(株)本田技術研究所に入社。 2002年に豊かな自然と環境の良さにひかれ那須烏山市に移住する。 2008年、ライフスタイルを見直すことがきっかけで退社し独立。 2010年1月より「個人の働き方の常識を変え、ライフスタイルを革新する」をテーマにもしも大学公認講師としてドロップシッピング教育活動を開始。 講座を通じて、初売上達成者の方から月商100万円を超えるショップオーナー様まで多数輩出。 もしもドロップシッピング10周年記念イベントでは公認講師部門で表彰。 どろっぷしっぴんぐ研究所代表。