ミツカン鶏だし生姜鍋つゆの生姜鍋としめの冷凍うどんがおいしい

ミツカン 〆まで美味しい鶏だし生姜鍋つゆ ストレート

こんにちは、奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

妻が風邪をひいてしまいました。

そこで、身体が温まるとよいだろうと思い、朝から生姜鍋を作って食べ、夜は冷凍うどんを鍋のしめに入れておいしくいただきました。

生姜鍋は『ミツカン 鶏だし生姜鍋つゆ』、冷凍うどんは『生協 讃岐うどん』でどちらも最近わが家でもヒットしてリピートしている商品について紹介します。

朝から『ミツカン 鶏だし生姜鍋つゆ』で生姜鍋

妻が風邪をひいてしまって、とっさの思いつきで朝から鍋になりましたが、風邪のときは身体を温めるのがよいだろうとストックしてあった生姜鍋になりました。

鍋自体、身体が温まりますが、生姜鍋はさらに身体がほかほかと温まります。
長ねぎも多めに3本いれました。

ミツカンの鶏だし生姜鍋つゆ『〆まで美味しい鶏だし生姜鍋つゆ ストレート』は、生姜の味でさっぱりとしているのに、しっかりとした味でおいしいです。

市販の鍋つゆで味に物足りないと思ったことはありませんが、濃い味が好きな私でもこの生姜鍋つゆはお気に入りです。

ミツカン 鶏だし生姜鍋つゆには「〆まで美味しい」と書かれている

ミツカン 鶏だし生姜鍋つゆには「〆まで美味しい」と書かれている

生姜鍋の材料(4人前)

ミツカン 鶏だし生姜鍋つゆ 1袋
はくさい 1/4
長ねぎ 3本
大根 スライスで適当に
人参 1本
しめじ 1株
ぶなしめじ 1株
豆腐 小パック2個
鶏胸肉のスライス 240g

生協の冷凍うどんを鍋にいれて生姜鍋のしめに

朝作った生姜鍋に、夜は冷凍うどんを入れてしめにしました。
ミツカンの鶏だし生姜鍋つゆは『〆まで美味しい鶏だし生姜鍋つゆ ストレート』というくらいです。

生協の冷凍うどん『生協 讃岐うどん』を鍋を温める前に凍ったまま鍋にいれて温めました。

生協 讃岐うどん

生協 讃岐うどん

冷凍うどんを鍋のしめにいれた出来上がりはこんな感じでです。

この冷凍うどん、こしがあって初めて食べたときはおいしさに驚きました。

以前は昔からある冷蔵のうどんや乾麺をゆでて鍋にいれていましたが、いまは冷凍うどんがおいしいので、夏でも冬でも冷凍庫に保管していることが多いです。

鍋の時期は、入れて温めるだけでOK。
煮込んでも柔らかくなりすぎず、おいしく食べられて重宝しています。

まとめ

最近わが家でヒットしている『ミツカン 鶏だし生姜鍋つゆ』と『生協 讃岐うどん』を紹介しました。

生姜鍋だけでもおいしいですし、さらに夜には残った鍋に冷凍うどんを入れてしめにしてもおいしかったです。

妻のかぜが早く治りますように。

ミツカン 〆まで美味しい鶏だし生姜鍋つゆ ストレート

ABOUTこの記事をかいた人

奥成 大輔

1968年神奈川県生まれ、栃木県那須烏山市在住 1992年、大学卒業後(株)本田技術研究所に入社。 2002年に豊かな自然と環境の良さにひかれ那須烏山市に移住する。 2008年、ライフスタイルを見直すことがきっかけで退社し独立。 2010年1月より「個人の働き方の常識を変え、ライフスタイルを革新する」をテーマにもしも大学公認講師としてドロップシッピング教育活動を開始。 講座を通じて、初売上達成者の方から月商100万円を超えるショップオーナー様まで多数輩出。 もしもドロップシッピング10周年記念イベントでは公認講師部門で表彰。 どろっぷしっぴんぐ研究所代表。