iPhone X の修理についてAppleサポート公式サイトから相談する

やり手の女性コールセンターリーダー

妻のiPhone X がわが家の愛犬ネロくんに噛まれてしまい、操作ができなくなってしまいました。

栃木県で唯一iPhoneを修理してくれるApple正規サービスプロバイダ、福田屋FKD宇都宮店のカメラのキタムラに修理に向かったものの、当日はすでに受付を終了していました。

帰ってから、iPhone X のメーカーであるAppleの公式サイトで修理サービスについて確認してみました。

Appleサポート公式サイトのiPhone修理サービスへ

Appleの公式サイトで「修理」と検索すると「iPhone の修理サービス」というページが見つかりました。

そのページの「Apple 認定の修理を受けるには?」というところにある「修理を申し込む」というリンクをたどっていきます。

修理を申し込む>修理と物理的な損傷>ディスプレイが期待通りに機能しない

というところまでクリックしていくと

「どのサポート方法をご希望ですか。
お客様にとって最も便利な方法を選択してください。」

というページにたどり着きます。

選択肢の中から、最も気になったのは「持ち込み修理」です。

やはり、栃木県で唯一iPhoneを修理してくれるApple正規サービスプロバイダ、福田屋FKD宇都宮店のカメラのキタムラでの修理を予約したいと思いました。

壊れたiPhoneでは2ファクタ認証をクリアできない

「持ち込み修理」をクリックして進みます。

ところが、妻のApple IDでログインしていくと、予約を完了するにはApple IDの2ファクタ認証が必要でした。
6桁の数字をiPhoneで受け取る必要があるのですが、妻のiPhoneは画面が表示されず操作もできないため受け取ることができません。

また、他の選択肢でも同様で、「配送修理」も「今すぐアドバイザーと話がしたい」もApple IDの2ファクタ認証が必要で、そこから先に進めませんでした。

つまり、iPhoneが壊れていて画面がみられない状態だとすると、Appleサポート公式サイトでも相談ができない仕組みです。

確認コードが受け取れない場合の対応方法もFAQには書いてあるのですが、私のMacbook Airから妻のApple IDアカウントにアクセスする場合も2ファクタ認証が必要になり、結局どうしていいのやら分かりませんでした。

今すぐアドバイザーと話がしたい

仕方がないので、私のiPhone X の情報で「今すぐアドバイザーと話がしたい」を選択してアドバイザーに相談しました。

状況をお伝えすると、快く相談に応じてくれました。

ただし、本体を確認するためにIMEI番号というものが必要でした。

iPhone Xでは、SIMトレーにその番号が書いてあるのですが、あまりにも字が小さすぎて老眼鏡をかけても見えません。

とっさの思いつきでしたが、私のiPhoneのカメラ撮影して画像を拡大すると小さな文字もくっきり見えました。

余談ですが、字が小さすぎて見えなくて困ったら、スマホのカメラで撮影して拡大するといいですよ。

配送修理に出すか? 持ち込み修理予約か?

IMEI番号が確認されて、ようやくここからiPhoneの修理についての相談です。

提案された修理方法は2つです。

配送修理に出す
持ち込み修理を予約する

しかしながら、持ち込み修理を予約した場合、最寄りのFKD宇都宮店のカメラのキタムラでの予約が可能なのは1週間後。
配送修理もおおよそ1週間くらいは掛かるとのことです。

配送修理の場合、本体を修理に出してしまうとその間電話が使えなくなるので、携帯電話会社に代替機を借りるめどがたってから依頼するといいとのアドバイスでした。

あとは、予約なしで店舗に持ち込み修理に行くという方法があります。
前回、妻のiPhoneが壊れたときは、直接FKD宇都宮店のカメラのキタムラに修理に行きました。

Apple正規サービスプロバイダでも、店舗によっては修理を受け付けていないこともあるので、事前に電話で確認することを推奨されていました。

ということで、修理できずに帰った翌日にもう一度、直接FKD宇都宮店のカメラのキタムラに修理に向かうことにしました。

Apple ID の2ファクタ認証は他のiPhoneがあれば受け取れる

また、Appleのアドバイザーの方が教えてくれたのですが、私も妻と同じ iPhone X を使っています。

私のiPhoneのSIMを外して妻のSIMを挿せば、電話番号が妻の電話番号に切り替わるので、SMSで2ファクタ認証の6桁の数字を受け取ることができるようになります。

いわれてみれば当たり前のことなのですが、こんなアイディアは一人では思いつかなかったので大変参考になりました。

もし、SIMが生きていて、本体が壊れてしまっている場合、2ファクタ認証が受け取れなくて困ったときは、自分のSIMが対応しているiPhoneを借りることができればSMS経由で受け取ることができます。

困ったときには直接Appleへフリーダイアルも可能

疑問として残ったことがありました。

もし、私がApple製品を使ってなかったらどうしていたのでしょうか?
そういう方もいらっしゃるかもしれませんね。

落ち着いて調べたところ「サポートや修理サービスに関する Apple へのお問い合わせ」というページにフリーダイアルの電話番号が記載されています。

困ったときには直接フリーダイアルに電話するとよいでしょう。

まとめ

iPhone X のメーカーであるAppleの公式サイトで修理サービスについて調べました。

公式サイトでは「配送修理に出す」「持ち込み修理を予約する」が選択できましたが、今回のタイミングではどちらも修理完了まで約1週間はかかるようでした。

そこで、もう一度、直接FKD宇都宮店のカメラのキタムラに当日先着順の持ち込み修理に向かうことにしました。

Appleのアドバイザーの方、最初から最後まで親切かつていねいに対応してくださり感謝です。

やり手の女性コールセンターリーダー

ABOUTこの記事をかいた人

奥成 大輔

1968年神奈川県生まれ、栃木県那須烏山市在住 1992年、大学卒業後(株)本田技術研究所に入社。 2002年に豊かな自然と環境の良さにひかれ那須烏山市に移住する。 2008年、ライフスタイルを見直すことがきっかけで退社し独立。 2010年1月より「個人の働き方の常識を変え、ライフスタイルを革新する」をテーマにもしも大学公認講師としてドロップシッピング教育活動を開始。 講座を通じて、初売上達成者の方から月商100万円を超えるショップオーナー様まで多数輩出。 もしもドロップシッピング10周年記念イベントでは公認講師部門で表彰。 どろっぷしっぴんぐ研究所代表。