フジテレビNEXTでF1日本グランプリ2018 金曜フリー走行を生観戦

ホンダエンジンが強かった頃のマクラーレン・ホンダのマシン

F1日本グランプリが鈴鹿サーキットで開幕しました。
今日のプログラムは、2回のフリー走行(FP1、FP2)が行われました。

スカパー!プレミアムサービスのフジテレビNEXTで生中継があるので、リアルタイムで観戦しました。

フジテレビNEXTでF1日本グランプリの金曜フリー走行を観戦

今年の8月に落雷でテレビとアンテナが壊れたのでテレビを買い替えました。
LG 55UJ6500という55型の液晶テレビですが、画面が大きくF1走行は迫力満点。
臨場感が違います。

しかも、スカパー!プレミアムサービスとの組み合わせで画像がキレイでした。

久しぶりにF1が鈴鹿を走っている姿を見ると、現地に行ったときの雰囲気を思い出し、やはりワクワクしてきます。

フリー走行1回目(FP1)のリザルト

フリー走行の1回目のリザルトはこちら。

フリー走行の1回目では、予想通りメルセデスAMGがハミルトン選手、ボッタス選手の順にワンツー、フェラーリのベッテル選手は5位、トロロッソ・ホンダのガスリー選手が11位、ハートレー選手が17位という順位でした。

FP1のハイライト動画がもうできあがっていました。

フリー走行2回目(FP2)のリザルト

フリー走行の2回目のリザルトはこちらです。

こちらのFP2では、メルセデスAMG ハミルトン選手、ボッタス選手のワンツーは変わらず、フェラーリのベッテル選手が順当に3番手につけます。

トロロッソ・ホンダはハートレー選手が健闘し10位、ガスリー選手はトラブルがあったようでセッションの多くの時間をピットで過ごすことになりましたが13位とまずますの初日の出だしでした。

トロロッソ・ホンダのドライバーコメント

トロロッソ・ホンダの二人のドライバーのコメントです。

まとめ

F1日本グランプリが鈴鹿サーキットで開幕し、2回のフリー走行が行われました。
リアルタイムでF1のフリー走行を観たのは、鈴鹿サーキットで生観戦したとき以来です。

練習走行とはいえ予選、決勝に向けて慣熟し、セットアップを煮詰める大事なセッション。
録画で観るのとは違い、生中継だと起きていく出来事がフレッシュでドキドキ感が違います。

明日の鈴鹿サーキットの天気は、Yahoo!天気によると、9時までが弱雨、12時は曇り、15時は晴れの予報です。
雨を覚悟していましたが、ドライ路面での予選が観られそうでますます楽しみになってきました。

ホンダエンジンが強かった頃のマクラーレン・ホンダのマシン

ABOUTこの記事をかいた人

奥成 大輔

1968年神奈川県生まれ、栃木県那須烏山市在住 1992年、大学卒業後(株)本田技術研究所に入社。 2002年に豊かな自然と環境の良さにひかれ那須烏山市に移住する。 2008年、ライフスタイルを見直すことがきっかけで退社し独立。 2010年1月より「個人の働き方の常識を変え、ライフスタイルを革新する」をテーマにもしも大学公認講師としてドロップシッピング教育活動を開始。 講座を通じて、初売上達成者の方から月商100万円を超えるショップオーナー様まで多数輩出。 もしもドロップシッピング10周年記念イベントでは公認講師部門で表彰。 どろっぷしっぴんぐ研究所代表。