初日から大変満足! LG 55UJ6500 購入レビュー

LG 55UJ6500で映画『バリー・シール』を観る

落雷でテレビが壊れ、LG 55UJ6500という55インチのテレビを購入しました。

今回はケーズデンキオンラインショップで購入しましたが、その経緯についてはこちらの記事で書きました。

落雷でテレビが壊れたので LG 55UJ6500 という55インチのテレビを購入

そして今日、いよいよ納品です。
配送担当の方もふたりで対応するくらいの大きさで、始終ていねいに設置してくれました。

LG 55UJ6500は2017年4月に発売された商品なので、いまから参考にするという方は少ないかもしれませんが、このブログでの最初のレビュー記事として紹介したいと思います。

55インチテレビはとにかくデカイ!!

LG 55UJ6500の第一印象は…

「とにかくデカイ!!」

画面の大きさの感じ方は、比較の問題なので直近で観ていたテレビが19インチだったからという影響も大きいですが、40インチと比べても大きく、テレビの後ろの窓を半分以上ふさいでいます。

お盆で出かけた実家のテレビも大きかったのでそれと同じくらいかなと思ったら、実家のテレビは49インチ。
さらに大きいのかと、覚悟はしていましたが、それでも55インチの画面は大きく感じます。

さっそくLG 55UJ6500を視聴する

さっそく視聴してみます。

BSアンテナの方は、まだ修理していないので地デジしか映らないのですが、甲子園での高校野球は大迫力。
私の出身地の神奈川県の横浜高校の試合を中継していました。

アップになった選手の顔が等身大に映ります。

なんという臨場感でしょう!

LG 55UJ6500で高校野球を観る

LG 55UJ6500で高校野球を観る

価格比較サイトや大手通販サイトのLG 55UJ6500のレビューでは、若干画面が白っぽいなどのコメントがあり気がかりでしたが、私には全く問題ありません。

視聴モードもよりどりみどり。
中でも眼精疲労軽減モードは、眼の緊張がゆるむようなリラックス感がありました。

一日のうち長時間モニターやスマホと向き合っている私には嬉しいモードなので、しばらくこの眼精疲労軽減モードを利用することにします。

インターネット接続を前提とした機能性

つぎに、WiFiでインターネットに接続してみます。

インターネットに接続するとOSのアップデートやアプリのダウンロードなどが可能になります。
インターネットに接続することを前提としているのですね。

そして、このテレビで期待していたことの1つが、これまでも利用していた Amazonビデオを視聴できること。

これまでは、Fire TV Stick を利用していました。
しかし、LG 55UJ6500なら、Fire TV Stick も不要です。

その機能がすでにテレビに搭載されているからです。
他にもNETFLIXなども視聴が可能です。

LG 55UJ6500のリモコン

LG 55UJ6500のリモコン

Amazon Prime ビデオで『バリー・シール』を観る

Amazonビデオにログインします。
すると、見慣れた画面とほぼ同じ画面が登場し、すぐに映画が観られます。

LG 55UJ6500でAmazonビデオにログイン

LG 55UJ6500でAmazonビデオにログイン

試しに、少し前から Amazon Primeビデオで提供を開始している、トム・クルーズ主演の『バリー・シール』を観ました。

映画館で観たときの迫力にはさすがに敵いませんでしたが、それでもこれまでのどのテレビに比べても迫力満点です。

この映画ですね。

Amazonビデオは音が小さめになる傾向がありますが、これまでのテレビのスピーカーよりも出力が大きいのでしょう。

ボリュームを上げれば、映像に負けない不満のない音質で『バリー・シール』を楽しみました。

YouTubeはテレビで観る時代

もう1つチェックしたいのが、YouTubeです。

YouTubeも自分のGoogleアカウントでログインして視聴できます。

ミニ四駆のYouTuber(ユーチューバー)の長澤くんNagasawa/の最新動画『【ミニ四駆】TOYOTA GAZOO Racing TS050 HYBRIDを作る!』を観てみます。

「ドーン!」

YouTuber長澤くんの最新動画を観る

YouTuber長澤くんの最新動画を観る

ミニ四駆の箱がラジコンの箱くらいの大きさがあります!

YouTubeをテレビで観る人が増えているという話は聞いていました。
自ら体験してみると個人のメディアがテレビ局の番組と視聴時間で競合する時代になっていることに気づきます。

長澤くんNagasawa/の動画は、パソコンで再生してもキレイですが、LG 55UJ6500の大画面で観てもとてもキレイで、映像品質の高さに感心しました。

長澤くんNagasawa/の最新動画『【ミニ四駆】TOYOTA GAZOO Racing TS050 HYBRIDを作る!』はこちらです。

まとめ

まだわずか数時間視聴しただけですが、LG 55UJ6500には大変満足しました。

画質や音質などのテレビの基本機能もちろんですが、

・迫力の55インチの大画面
・インターネット経由でAmazonビデオが視聴できること
・YouTubeが簡単にテレビで観られること
・眼精疲労モードのリラックス感
・この性能で税込86,184円というコストパフォーマンス

という点が、私が感じたLG 55UJ6500の魅力です。

さっそく、今日の初日からかなり大画面テレビのある生活を満喫しています。

LG 55UJ6500 メーカー製品詳細ページ

LG 55UJ6500で映画『バリー・シール』を観る

ABOUTこの記事をかいた人

奥成 大輔

1968年神奈川県生まれ、栃木県那須烏山市在住 1992年、大学卒業後(株)本田技術研究所に入社。 2002年に豊かな自然と環境の良さにひかれ那須烏山市に移住する。 2008年、ライフスタイルを見直すことがきっかけで退社し独立。 2010年1月より「個人の働き方の常識を変え、ライフスタイルを革新する」をテーマにもしも大学公認講師としてドロップシッピング教育活動を開始。 講座を通じて、初売上達成者の方から月商100万円を超えるショップオーナー様まで多数輩出。 もしもドロップシッピング10周年記念イベントでは公認講師部門で表彰。 どろっぷしっぴんぐ研究所代表。