さあ一緒に、自由に穏やかに暮らそう

来間大橋を見ながら、前浜ビーチで手を握りあうカップル

ブログオーナーの奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

『自由に穏やかに暮らそう』というタイトルでブログをはじめることにしました。

自由とは、時間と場所にしばられず、自分の裁量で決められること。
心も身体も健康で穏やかに暮らせること。
自分が望む場所で、自分自身で時間をコントロールできる暮らし。
最後の「…そう」は「一緒に」を表現しています。

こんな暮らしを実現したいという想いをこのブログタイトルに込めています。

最も大切な2つの価値観「自由」と「穏やかに暮らす」

私は、1968年の生まれで今年の6月で50歳になりました。

10年前、40歳を前にさまざまな疑問を感じ、16年間務めた会社を思い切って辞めました。
その後、試行錯誤しながらも独立10周年を迎えました。

いま、10年前の当時を振り返ってみると、
「何か大きなことを成し遂げたい」
「自分の成功を認めてもらいたい」
「(当時の)給料を超えるビジネスを創りたい」
という思いを持っていたことを思い出します。

ところが、自分との対話を繰り返しながら10年を経過してみると、自分がもともと大切にしていた価値観をあらためて認識することができました。

1つは、時間と場所にしばられず、自分の裁量で自分の行動を決められる「自由」。
もう1つは、心も身体も健康で「穏やかに暮らす」ということです。

この2つが私にとってもっとも大切な価値観です。

もちろん、優秀な人物像でありたいという気持ちや、何かで成果を残して認められたいという気持ちはゼロではありません。

しかし、それ以上に「自由」であること、「穏やかに暮らす」ということが自分にとってより大切であることに気づきました。

自分が望む場所で、自分自身で時間をコントロールできる働き方

会社を辞めた時に考えていた、
「何か大きなことを成し遂げたい」
「自分の成功を認めてもらいたい」
「(当時の)給料を超えるビジネスを創りたい」
というレベルを100点満点とすると、いまはまだ道半ば。60点程度の達成率というところでしょうか。

自由で穏やかな暮らしを実現するためには、当然収入も必要です。
ビジネスを通じて収入を得るためには、大きくなくとも何らかの成果を残す必要があります。

同時に「自分が望む場所で、自分自身で時間をコントロールできる」ビジネスだと最高です。

この10年の間には、ようやく軌道に乗せたビジネスが、一瞬にして収入ゼロになるという経験もしてきましたが、いまでは「自分が望む場所で、自分自身で時間をコントロールできる」働き方を実現することができています。

また、何年も継続してきた活動が評価され、表彰していただくという嬉しい瞬間もありました。

「どうすれば自由に穏やかに暮らせるのか?」ということがこのブログの大きなテーマですが、そのような働き方を実現する方法もブログのテーマの1つとして取り扱っていきたいと考えています。

自由で穏やかな暮らしの実現を目指すあなたへ

仕事も遊びも、自分が望む場所で、自分自身で時間をコントロールできる。
そんな「自由で穏やかな暮らし」の実現を目指す人に読んで欲しい役立つ情報を発信していきます。

さあ一緒に、自由に穏やかに暮らそう

奥成大輔(オクナリダイスケ)

来間大橋を見ながら、前浜ビーチで手を握りあうカップル

ABOUTこの記事をかいた人

奥成 大輔

1968年神奈川県生まれ、栃木県那須烏山市在住 1992年、大学卒業後(株)本田技術研究所に入社。 2002年に豊かな自然と環境の良さにひかれ那須烏山市に移住する。 2008年、ライフスタイルを見直すことがきっかけで退社し独立。 2010年1月より「個人の働き方の常識を変え、ライフスタイルを革新する」をテーマにもしも大学公認講師としてドロップシッピング教育活動を開始。 講座を通じて、初売上達成者の方から月商100万円を超えるショップオーナー様まで多数輩出。 もしもドロップシッピング10周年記念イベントでは公認講師部門で表彰。 どろっぷしっぴんぐ研究所代表。